Welcome to StudioC+

    StudioC+ (スタジオ・セープリュス) is a label in Sapporo, Hokkaido, Japan.


    2020年05月12日北海道文化財団チャンネルにて「Acoustic Experiment ver.01 -オンキョージッケン 01」公開中。

    Mary Doumany : Irish Harp & Voice Performance
    chiharu mk : Electro Acoustic
    omi (amejika) : Visual
    山口竜也 : System Design

    2015年のLIVEの詳細 : https://studio-cplus.net/experiment1/

     


    2019年11月01日(金) chiharu mk 「Gift from the sea」リリース。

    AppleMusic, iTunes, Spotify, Amazon, GooglePlay, LINE, Deezer, Tidal, YouTubeMusic, etcより.



    2019年05月04日(土) chiharu mk 「pure culture」をリリース。

  • 現在、Tower RecordsAmazon 他 各ショップで発売中。
  •  
    chiharu mk : pure culture / StudioC+ (SC-MK-1901)
    ¥2,000 + 税



    ピアノと電子音響の1st アルバム「piano prizm」の鮮烈な作風が国内はじめ、海外メディア・音楽雑誌で話題となり、その後も水中マイク [hydrophone]を使用した「waterproof」、スリッドドラム [波紋音]とフィールド・レコーディングを融合させた「blue flow」など、 常に先鋭的なアプローチで作品を発表してきたchiharu mk の最新 ソロ・アルバム 「pure culture」。
    透明感あるピアノとシンフォニックな電子音響の世界を、彼女の脳内シャーレで純粋培養した本作品。
    イタリアの電子音楽アーティスト David Sani (Yugen Art) とのコラボ楽曲なども収録されている。

    profile

    フランスGRMで電子音響音楽を学び、MOTUSが主催するFUTURAにて多次元立体音響スピーカー・システム「アクースモニウム」の奏法を学ぶ。
    Out of the concert hall をコンセプトとしたライブ・パフォーマンスやサウンド・インスタレーションを展開し、 モエレ沼公園「ガラスのピラミッド」、横浜三渓園内旧燈明寺、白老トビウの森、夜の水族館など、様々な空間でライブを行う。
    昨年は香港アートセンター40周年記念企画「マルチチャンネル・ミュージックフェスティバル “Sound Forms 2018”」(CMHK)のスペシャルゲストとして招待を受け、フェスティバルのクロージング・ステージをつとめる。
    その他、ドイツの現代アーティスト・Nina Fischer & Maroan el Saniの映像作品「Snow Division」(2010) の音楽や、コンテンポラリーダンスなどの音楽制作も行なっている。
    chiharu mk Instagram